憂鬱な花粉症

春が近づくと花粉症の症状が現れて憂鬱になる、という方多いのではないしょうか?

秋ごろに飛散する花粉もありますので、人によっては1年を通して症状に悩まされることもあるかもしれませんね。

この花粉症になる原因は、スギ花粉の量が増えているからと言われています。そのほか偏った食生活やストレスなどで、体質が変化することも関係しています。

そんな症状は1度患ってしまうと、放っておいても自然に完治することはほとんどありません。

特に鼻水や鼻づまりが酷い人にとっては、普通に生活することすらままならなくなってしまうことも考えられますので、気になったらすぐに対策をすることが必要です。

花粉症の予防には、医療機関などであらかじめ薬を処方してもらうのが効果的です。花粉の飛散量が少ないうちから備えることで、花粉症の重症化を抑える効果が期待できます。

内服薬での対策と併せて検討したいのが、物理的な対策です。外出先でできるだけ花粉に触れないように対策することで、不快感を和らげることができます。

具体的には、帽子やマスク、メガネを着用したり、花粉が落ちやすい素材のコートを羽織ることなどがあげられます。

最近では、花粉対策メガネも販売されるようになりました。通常のメガネでも、ある程度は目に入る花粉を予防することができますが、花粉対策メガネは、メガネと顔の間にできる隙間を塞ぐ構造になっているため、花粉の侵入を効果的に防ぐことができます。
目のかゆみがつらいという方は、一度試してみてはいかがでしょう。

その一方で、花粉予防のメガネの使用にあたって注意しておきたい点もあります。スポーツなどの際に花粉対策メガネを使用すると、顔とレンズの間に隙間がないため、顔に何かが当たったときにケガにつながる恐れがあるとされています。

サッカーなどの球技や、転倒の恐れのあるスポーツをする際には使用を控えるなど、適宜使い分けるとよいでしょう。

花粉症対策のマスクの選び方

マスクで対策

花粉症の時期になるといろいろなマスクが売っています。私も花粉症歴が長いのでひととおり売っているものはどれも使ったことがあります。

その中で、私の花粉症対策のマスクの選び方としては、とにかく量の多い製品を選ぶという事です。

花粉症用に色々なタイプのものが売っていますが、鼻水が多くて次から次へ使うので、値段が高い物よりも、一枚でも多く入っている一般的な使いすての箱に入っているタイプを選んでいます。

ひどい時は二枚ぐらい重ねて使ったこともあるぐらい鼻水がひどいのであっというまに使い切ってしまうからです。

そんななかで最近、花粉症対策に効果のあるマスクを発見しました。バラエティストアで偶然発見したのですが、小型のプラスチックの箱に入った鼻の穴に直接さすタイプのノーズマスクです。

これだと外からマスクをしているのはわからないし、鼻の穴に直接入れるのでフィット感があり、鼻水が垂れてくるのも防いでくれるという花粉症対策にはかかせない製品です。

製品そのものもプラスチックでできているので何回か洗って使えます。

初めは少々違和感があったのですがすぐに慣れました。

眼鏡をかけているのでマスクをつけると眼鏡が曇ってしまい、視界が遮られることがあります。また顔にずっとつけているとじゃまになったりします。これならばそのような心配は一切ありません。もうじきつらい時期がやってきます。

今年はこのノーズマスクを利用して花粉症を克服したいと思っています。