お腹をいたわる妊婦さん

妊娠中は抵抗力が弱まっています。 その為、風邪やインフルエンザになってしまう人も入るでしょう。

出来れば普段から、うがいやマスクで予防をする事をお奨めします。 それだけでも十分風邪やインフルエンザを予防する事が出来ますし、母体を健康に保つ事が出来るのです。

もし、症状が出てきたら症状に対応した対策を医師と相談しながら取ってください。

熱を下げる場合は、アセトアミノフィンを使います。 胎児に影響をあたえず、安全に熱を下げる効果が有るのです。 安全に使用できる解熱剤なので妊婦にも良いのでしょう。

もし、風邪になってしまった場合は抗生物質を使わずに治して下さい。 基本的に風は、抗生剤を使わずに治す事が出来る病気なのです。 その為、安静にして栄養補給をして治す様にしましょう。

インフルエンザの基本は、事前の予防です。 妊娠前に事前にワクチン接種をして予防をする、妊娠中に不活化ワクチンを摂る等すれば、対策が出来るはずです。

インフルエンザにかかってしまった場合は、早い段階でタミフル等を服用すると良いでしょう。 出来れば48時間以内に服用する事で早期改善すると言われていますし、タミフルは胎児への影響が少ない薬なのです。

インフルエンザを放置するよりも、薬を飲んで早期改善した方が影響も少ないと言われています。

妊娠中は安静に、病気にならないように対策を行う事が重要です。 万が一病気になった場合は、産婦人科医と相談したうえで薬を飲む様にして下さい。

妊娠中に風邪をひいたりしたら薬は飲んでいいの?

妊娠中に風邪をひいてしまった場合は、市販薬を服用せず産婦人科に相談しましょう。

市販のものは病院で処方されるものと比べると含有量が少なめで、効き目も穏やかなので胎児に奇形などを引き起こす可能性は低いと考えられていますが、鎮痛解熱剤や抗ヒスタミン剤など大量に服用すると胎児に影響を及ぼすものもあります。

長期連用や、特に妊娠末期の服用は危険を伴いますので、自己判断でなく必ず医師に相談しましょう。

妊婦さんに対して病院ではよく「PL顆粒」が処方されます。これは古くから使われている総合感冒薬で、配合成分が妊婦さんにも比較的安全と言われているものです。

鎮痛解熱剤ではアセトアミノフェンがほぼ唯一妊婦さんでも安全に飲めるものとなっています。

これも自己判断せず、産婦人科で処方されたもののみを服用するようにしましょう。また長期間の連用は避け、症状が緩和されて来たらすぐに服用を中止します。

漢方は比較的安全なイメージがありますが、有名な葛根湯などのなかにも、成分や量によっては悪い影響の出るものがまれに存在しますので注意しましょう。

一番良いのは風邪の引き始めのうちにビタミンなどの栄養をたっぷり摂り、温かくしてよく眠ることです。また手洗い・うがいをしっかりして、日頃から予防に努めましょう。