赤ちゃんマッサージ

赤ちゃんのしゃっくりというのは、いろいろな原因で起きますが、ひとつは離乳食を食べることで、食道や胃や刺激されておきることがあります。

大人でも、食事中に急に「ヒックヒック」としゃっくりが出ることがありますね。

これは食べものが食道内に入るときに、変に刺激となって出てしまうものです。

赤ちゃんの場合は、大人よりもずっと刺激に対して敏感なのでしゃっくりも出やすいというわけです。

離乳食を食べていてしゃっくりが出るなら、背中を優しくさすってあげたり、軽く叩いてあげて落ち着かせてあげると良いでしょう。

離乳食期というのは、体調の変化の起きやすい時期です。何しろ赤ちゃんにとって、食べ物を食べるということが初めての体験ですし、体内でもそれまでと違う消化吸収が必要なわけですから、いろいろと反応が生じるわけです。

たとえば、離乳食期には便秘にもなりやすいと言われます。

これは、ひとつは赤ちゃんの腸が母乳やミルク以外の栄養に慣れていないために、スムーズな排便ができにくくなっているためです。

このような体調の変化は、赤ちゃんにとってはストレスになったり、不安になる原因ともいえます。

しゃっくりが起きたときもそうですが、親まで不安になるのではなく、落ち着いて対処してあげることが赤ちゃんを安心させることにつながります。

無理に止めようとする必要はなし

赤ちゃんは、しゃっくりを頻繁にするものです。しゃっくりというのは、肋骨の下あたりにある横隔膜が刺激されることによって、痙攣され引き起こされています。

赤ちゃんがしゃっくりを頻繁にするのは、ミルクを急に飲むことが多いため、胃や食道の動きによる刺激が原因となっています。さらに、赤ちゃんは自分でトイレに行くことができないため、常におむつをしています。

そのおむつが濡れていると体温も変化してしまうので、その体温変化が原因となって起こる場合もあるのです。
赤ちゃんはしゃっくりをよくするものですが、そのしゃっくりをしている様子はとても苦しそうに見えるものです。

しかし、実際は赤ちゃんはそこまで苦しくないといわれています。その理由は、赤ちゃんの心拍数は大人と比べてかなり早いのです。

そのため、痙攣なども早い間隔で起こるのです。そのような理由から、苦しく見えてしまうだけなのです。赤ちゃんは、しゃっくりが2時間や3時間とまらないというのはよく見られる現象のため、特に心配はいりません。

そのため、無理にとめようとする必要も特にないのです。放っておいたら自然とおさまるもののため、特に心配することなく見守ってあげることも大切なのです。