お父さんとの離乳食タイム

赤ちゃんの離乳食には様々な注意点があります。
いつから離乳を開始すればいいのかを知らなくてはなりませんし、どのような離乳食を与えればいいのかは時期ごとに異なります。

離乳初期について学ぶ必要がありますね。
離乳食を始める時期は5か月からや、歯が生えてきたらと言われていますが、必ずしも守らなければならないものではありません。

5か月ごろを過ぎたら、赤ちゃんの様子を見ながら離乳食を始める時期を決めます。

離乳初期は、母乳以外の味や感触を覚えることや離乳食を飲み込むという動作を覚えさせることがポイントです。
離乳食を何度も与える必要はないので、回数は一日一回で充分です。

また、赤ちゃんが母乳や粉ミルクを飲みたがることがありますが、赤ちゃんの希望通り飲ませてあげるようにしましょう。

母乳は消化のよい最高の栄養食です。赤ちゃんの未熟な胃腸には母乳が最適です。

しかし母乳は母親の食事内容によっては栄養が不足してしまうこともあります。ずっと母乳を続けるのもデメリットがあるのです。

初期の離乳食はどのようなものを作ったらいいのかという点についてですが、生後五・六か月の赤ちゃんはまだ口の中の物を飲み込むことしか出来ないので、早くても遅くても、離乳食の初期にはおかゆなどをすりつぶしたドロドロ状になったものを与えます。

母乳以外の初めての味、そして乳首から吸うのではなくスプーンから吸うという初めての行為に拒絶反応を示す赤ちゃんがほとんどです。
離乳食の初期は栄養摂取というよりも、食事に慣れさせるという重要な時期です。

赤ちゃんが上手く飲み込めるように、できるだけなめらかで均一になるように作りましょう。

慣れてくると量を欲しがるようになり、柔らかく煮たご飯部分も与えます。

離乳開始から一か月過ぎたあたりからは一日二食に増やし、野菜を煮てすりつぶしたものなど胃腸に負担をかけないドロドロ状態のものを与えます。

おかゆから煮た芋をすりつぶしたものなどレパートリーを増やしていきます。

最近は食物アレルギーの子供も増えているので、早めに発見するためにも食材は一つずつ加えて様子を見ていきます。

離乳食を始めて食べ物を咀嚼することによって脳の発達を促進します。

初期の離乳食に慣れたら、次第に柔らかい固形物を与えて咀嚼の練習を始めます。

離乳食の量を欲しがるようになりちゃんと食べることができているならば、栄養が十分摂取できるようになっているので、母乳をやめることができるのです。

国の基本方針は?

初期の離乳食のポイントは2007年の授乳・離乳の支援ガイドという厚生労働省が発表している基本方針というものがあります。

これによると生後5ヶ月から6ヶ月の間は授乳を赤ちゃんが欲しがるだけ与えて、初期の離乳食としてなめらかにすり潰した米や野菜、魚などをつぶし粥のような状態から始めて、野菜などもすべてすり潰して赤ちゃんに与えます。

この厚生労働省が発表しているガイドラインによると初期の離乳食の基本としては授乳タイムを大切にして、赤ちゃんが飲みたいだけ飲ませてあげることが大切であり、離乳の準備を無理に進めて、赤ちゃんの授乳を減らすことはしないようにします。

また子供の成育には個人差があることがわかっているので、離乳の時期を表記する必要がなくなりました。

これによって、離乳食の量などが個人により違うので、授乳を減らすなどして無理に食べさせることがなくなりました。

また赤ちゃんが手を使って物をつかんだりすることは非常に重要なことなので、無理やりスプーンなどを使わせずに、手づかみで食べることを憶えさせるのも脳の発達にはプラスになります。

基本的にはすべて赤ちゃんのペースに合わせることとなっているので、マニュアルに従うのではなく、赤ちゃんの判断に任せることが大切です。

離乳食初期あげるタイミング

赤ちゃんが生まれ、5ヶ月位したら意識するのが、離乳食です。

生後6カ月頃を目安に離乳食を始めると言われていますが、赤ちゃんが大人が食べているものに興味を示し始めたり、スプーンを口元に近付けると口をあけるようになった頃もひとつの目安と言われています。

ですからタイミングとしては5ヶ月から6ヶ月位の間に始めるのが理想とされています。

赤ちゃんが生まれてから初めてミルクやおっぱい以外のものを口にするのが離乳食初期です。

離乳食初期は『ごっくん期』と呼ばれ、赤ちゃんが液体以外のものを口に取り込み、ごっくんと飲み込む練習の時期です。上手に食べられないからと言って焦らず、赤ちゃんのペースに合わせて行うようにしましょう。

赤ちゃんが無理なく離乳食を食べてくれるには、あげるタイミングも大事になってきます。まだ食べることに慣れていない初期の段階ですので、赤ちゃんの機嫌のいいときにあげましょう。

お腹がすきすぎていたり、ねむかったりするとグズグズして食べてくれなかったりするので、様子を見ながらあげてください。

毎日決まった時間にあげるようにすることも大切です。

ママのあげやすい時間帯で大丈夫ですが、午前中から2時頃のあいだにあげるという人が多いようです。

離乳食の後にはたっぷりとミルクやおっぱいをあげましょう。嫌がったら無理に食べさせずに、切り上げることも必要です。

初期の頃は、果物や野菜類、穀類から始めるのが一般的です。

一番最初は、そのまま飲む事が出来そうな位、柔らかく炊いたお粥などから慣らしていくのが良いでしょう。

ただ、この初期の時点での離乳食で気をつけておきたいのが、アレルギーがないかの確認です。特定の食べ物にアレルギーがないか確認をする為には、最初は単体の食材から始める事が大切です。

複数の食材を使った離乳食を与えると、アレルギー症状が出ても、どの食材が原因か特定する事ができず、そこから単体の食材でアレルギーを確認するというのは、赤ちゃんに大きな負担がかかる事になります。

ですから、初期は、単体の食材を与え、大丈夫であれば、別の食材を与える、もしくは、与えて大丈夫であった食材に、もう一つ別の食材を組み合わせるなど、食材ひとつずつに対して、アレルギーはないか確認しておく事が大切です。

そして、色々な食材に慣れてきたら、徐々にその幅を増やしていくと良いでしょう。

初期の離乳食は、色々な食材を与えるのではなく、少しずつ色々な食材を試していく事が大切です。

食べてくれない理由

離乳食初期はママもがんばって手作りして、上手に食べてくれるようになることを願っている人は多いと思います。
ですがせっかくがんばって作った離乳食を食べてくれない、ということも珍しくありません。

思うように食べてくれないと、イライラしたり疲れてしまったりということもあるでしょう。
離乳食初期は、赤ちゃんが生まれてから初めてミルクやおっぱい以外のものを口にするという未経験の世界です。

食べられなくても仕方がない、と大きな気持ちで赤ちゃんに接し、肩の力を抜くことが大切です。
では赤ちゃんが初期の離乳食を食べてくれない理由はどのようなことがあげられるのでしょうか。

一番は純粋に固形物が口に入るのが嫌だ、ということです。

先に述べたように、液体以外のものを始めて口にするのですから、違和感を感じて食べてくれないということがあります。

焦らずに一口ずつチャレンジしていきましょう。

それから、イスに座るのに慣れていなかったり、金属製のスプーンを使っている場合などでも嫌がることがあります。

イスが嫌なときは抱っこをしながら食べさせてあげたり、スプーンはプラスチック製やシリコン製のものに変えてみるといいでしょう。

ママがイライラせずに、楽しい食卓にすることも大切です。