パパママと離乳食

離乳食を始める時期は、一般的に生後5~6か月とされています。
よだれの量が増えてきたり、大人が食べている物を欲しそうに眺めていたら、離乳食を受け入れる準備が出来てる証拠です。

初期は10倍粥をすりつぶしてトロトロにした状態から始めます。
スプーン1口から始め、上手に飲み込めるようになったら、量を増やしたり、いも類など他の食材にも挑戦していきます。

初期の段階では、量を食べさす事ではなく、母乳やミルク以外のものに慣れる、スプーンで食べる事に慣れる、ゴックンと飲み込む事が出来るというのが最大の目標です。

最初は飲み込めず吐き出したりする赤ちゃんも多いですが、最初は上手に出来なくて当たり前です。
育児書通りに進まないとイライラしては、それが赤ちゃんにも伝わり悪循環となります。

上手に飲み込めた時は精一杯褒めてあげ、失敗した時も大らかな気持ちで待ってあげるのも大事です。

お粥、いも類が食べられたら、野菜やたんぱく質も取り入れます。野菜もトロトロのポタージュ状にし、白身魚はとろみをつけると飲み込みやすくなります。

食べたい物を食べさせてあげたいですが、肉は未熟な胃腸で消化しにくいため控えます。

また離乳食初期では、味付けもほとんど必要なく、素材そのものの味で食べさせます。

初期の離乳食の始め方

ミルクや母乳を飲んで育つ大切な赤ちゃんも、生後5?6ヶ月になると、離乳食開始の時期です。
しかし、この頃の赤ちゃんの成長には、非常に個人差があるので、赤ちゃんの様子を見ながら始めてください。

大人の食事を見たり、食べ物を見せると、よだれが多くなったら、離乳食開始のサインです。
離乳食の初期は、1日1回、なるべく決まった時間にあげるようにして、離乳食を始めましょう。

最初は赤ちゃん用の小さじスプーンで1口ずつあげてください。
嫌がる素振りや、アレルギー反応がなければ、少しずつ慣らして量を増やしていきましょう。

離乳食を食べたあとは、赤ちゃんが満足するまで母乳やミルクをあげてください。

与えるものですが、10倍がゆから始めるのが一般的です。
米に対して10倍の水を入れた鍋を火にかけて煮て、10分程蒸らします。最初はそれを更にすり潰したものを与えます。
炊飯器で作ったり、電子レンジで作れる専用の容器も売っていたりするので、そういうものを利用するのも良いでしょう。

離乳食初期の赤ちゃんには、お粥の他にも、人参やほうれん草のすり潰したペースト、野菜スープなども徐々に与えることができます。

離乳食初期は、ゴックン期とも言い、飲み込むことを覚える時期です。赤ちゃんが食事をできるようになる為の大切な第一歩でもあります。焦らず赤ちゃんのペースで、うまくゴックンできるように見守りましょう。

離乳食初期に食べさせるもの

初期の離乳食は赤ちゃんにはまだ歯がないため、いきなり固形物を与えることはできません。
離乳食初期はまだ赤ちゃんの飲み込む力が弱いため、柔らかく飲み込みやすいドロドロの状態にした食べ物が良いです。

硬いままだと喉に詰まらせる危険がありますので、その点は十分に注意する必要があります。

離乳食の初期は、口に入った食べものを舌の運動を通じて「ごっくん」と飲み込む、お乳以外の食べものを消化する練習期なのです。
この時期のことをごっくん期と呼んでいます。

また、赤ちゃんの腎機能もまだ未熟で弱い時期ですので、薄味にして腎臓に負担をかけないようにする必要があります。

そのため、離乳食の量は少なくても、その都度作って赤ちゃんに与えなければなりません。

離乳食を作るのに手間や時間がかかり、結構面倒だったりすることもあります。

また、アトピーが気になる場合には、食品についての注意が必要になります。

離乳食初期は1日1回を授乳する時間に離乳食を食べさせ、ゆっくりと慣れていくのが一般的です。慣れてきたら量を少しずつ増やしていきます。

時間は10時か14時が赤ちゃんの機嫌が良い時間帯ですので、その時間に毎日食べさせます。

メニューは、お粥やスープが一般的です。他にもベビーフードを利用する方法もあります。
お粥は、塩分を控えめにして味を薄くしたものが良いです。ドロドロの状態にしてから食べさせます。

作り方は、お米1に対しておよそ10倍の水を加えて、鍋でコトコト炊き上げます。トロリとした白い液体になれば出来上がりです。
必ずしも、お米でなく、ご飯から作っても構いません。

手間や時間を省くのに、重湯を多めに作り、ある程度冷めたら、製氷機に重湯を流し込んで凍らせる方法があります。

凍った重湯をラップに包んで、冷凍保存します。そうすることにより、赤ちゃんが食べたいだけの少量の重湯をレンジで温めて、素早く与えることができます。

まだまだ準備段階なので、栄養はミルク・母乳で十分、初期の離乳食を焦らずのんびりと進めてください。

スープは、昆布や鰹節などを使う出汁スープや野菜のエキスを取り出した野菜スープなどです。
離乳食初期はまだ歯が生えていない時期ですので、野菜の塊は食べさせないようにする必要があります。

ベビーフードは赤ちゃんの離乳を手助けするための加工食品で、栄養補給や噛む力などの機能発達に貢献します。
そのため、ベビーフードを利用することで子育ての負担を軽減することができます。

離乳食初期の作り方

子供にそろそろ離乳食を与え始めなければならないが、何をあげたらよいかわからないと悩んでいるお母さんも多いでしょう。 

子供が生まれてから5ヶ月から6ヶ月目が離乳食を始める時期と言われており、初期に子供に食べさせる物は、口を閉じて飲み込めるものでなければなりません。

最近ではそんなに急いで始めなくてもいいということが言われており、赤ちゃんのペースに合わせて進めていくことが大切だと言われています。

初期は子供が口を閉じて物を飲み込む訓練をしているので、離乳食だけでは栄養が足りないと感じれば、母乳やミルクなどを与えてバランスを取るようにする必要があります。

また、朝・昼・夜と与える必要はなく、お昼の1回だけ与えるようにしていくことによって、子供も嫌がることなく、お母さんも準備に時間を取られることがありません。
子供のことなので、じっくり時間をかけて慣れさせる必要があるので、他の子供と比べて食べるのが遅いから無理に食べさせる必要はありません。

離乳食初期は赤ちゃんが初めてミルクやおっぱい以外のものを口にする大切な時期です。
赤ちゃんがおいしく楽しく離乳食を食べてくれるように、優しく話しかけながら食べさせてあげましょう。

初期の離乳食は手作りをしたいと考えるママが多いですが、どんな食材をどのように作ればいいのかわからないという人もいるでしょう。

初期に食べさせる物は、塩分が濃い物は食べさせてはいけません。 まだ、肝機能が成長していないこともあり、負担がかかってしまうからです。

初期で基本となるのが10倍がゆです。
作り方は簡単で、お米の10倍の水で炊くだけです。

お鍋でコトコト煮て作ることもできますが、まとめて作る場合は炊飯器のお粥モードが便利です。

小分けにして冷凍保存ができるので、忙しいママにおすすめです。

野菜はほうれん草やニンジン、ジャガイモやかぼちゃなどを柔らかく茹で、裏ごしします。
野菜の茹で汁は、裏ごし野菜の固さ調節に役立ちますので、捨てずに取っておきましょう。

固さの目安はスプーンからポタッと落ちるくらいがちょうどいいです。
食べづらそうにしている場合は少し茹で汁などを足し、ゆるめにしてあげましょう。

子供が口を閉じて飲み込みやすい程度にしておかなければならないので、柔らかさは子供に与えながら確認していく必要があります。

仕事が忙しく、料理することができないという方は、市販されている離乳食を購入して与える方法もあります。