ほっぺにチュウされる赤ちゃん

大人とは違って赤ちゃんの横隔膜などはまた未熟ですし、大人よりも敏感です。

そのため、ちょっとの刺激などによって横隔膜が痙攣してしまうことがありますし、痙攣することによってしゃっくりが出てしまいます。

そして、赤ちゃんのしゃっくりは授乳の際にも起こりやすいです。赤ちゃんは授乳することでお腹がいっぱいになりますし、お腹がいっぱいになると胃や食道が動きます。

そのため、まだ未熟な横隔膜を刺激してしまうのでしゃっくりが出やすくなってしまいます。

そのほかにも、ミルクなどの飲み過ぎやミルクと一緒に空気をたくさん吸い込んでしまうことなどもしゃっくりを引き起こす原因になってしまう場合があります。

そのため、飲む量や飲むスピードなどによってもしゃっくりが起こる頻度などには違いがありますが、しゃっくりが気になる場合には授乳の際の赤ちゃんの姿勢や哺乳瓶の角度などを調節することなどの工夫も必要です。

そして、授乳した後に赤ちゃんがしゃっくりをしていると、吐いてしまったミルクを誤って飲んでしまう可能性があります。

そのため、場合によっては赤ちゃんの上半身が高くなるような体勢にして、背中を摩ったり軽く叩いてあげることも必要です。

体を少し温めることも効果あり

赤ちゃんのしゃっくりを止める方法にはいくつかあります。

まず、赤ちゃんのしゃっくりがなぜ起こるのか?ということですが,、これは赤ちゃんの横隔膜がまだしっかりと発達していないためだと言われています。

横隔膜の痙攣によって、赤ちゃんのしゃっくりは起こってしまいます。
そのため、あまり神経質にならなくても大丈夫です。

まずは、背中を優しくとんとん、としてあげます。

何度かとんとんとしてあげて、それでも止まらない場合には、体を少し温めてあげます。

体を温める場合には、赤ちゃんが暑がらないように注意をしてください。

それでも止まらない場合には、適度な温度のお湯を少し赤ちゃんにあげてみてください。

お湯をあげる場合には、きちんと飲みやすい温度にしてあげてください。

また、他には、おむつが濡れている場合に、刺激でしゃっくりが起こってしまうということがあります。

そのため、おむつが汚れていないかの確認をしてください。

「優しくとんとんと背中をたたく」「体を温めてあげる」「お湯を少し飲ませてみる」「おむつが濡れていないか確認する」

これらの方法で、しゃっくりはとまるはずですが、それでもとまらなければ
赤ちゃんを少しうつ伏せにしてみてください。