すやすや眠る赤ちゃん

赤ちゃんのうんちの色は、大人と違って色やかたちがすごく変化に富んでいます。

オムツを替えるときに、ギョッとした経験をおもちのお母さんも少なくないのではないでしょうか?

赤ちゃんのウンチの色というのは個人差があって、必ずしもこの色だから絶対に体調が悪いというようなことはありません。

最終的には赤ちゃんの機嫌や熱のあるなしなど総合的にチェックして、病院に行くかどうかを決める必要があります。

それでも一般的な傾向として、元気なときのうんちの状態、また体調の悪いときの状態というのは以下のような場合が多いようです。

黄色うんち

黄色うんちは、理想の色と言われています。腸の働きも良くて、便秘でもない状態です。食欲があって機嫌も良いなら心配はいらないでしょう。

母乳栄養のほうがミルク栄養の赤ちゃんに比べて黄色になることが多い傾向があります。また離乳食がスタートすると、腸内の細菌バランスが変化するために、段々と茶色に近く変化していくようです。

大人に近い腸内環境になっていくためですが、これも元気なうんちの部類といえます。

緑色うんち

大人の場合は、緑色のうんちが出ることは少ないようですから、赤ちゃんが緑色のウンチを出したときは少しびっくりするかもしれません。

でも、赤ちゃんのうんちは健康なうんちでも様々なバリエーションがあるということを頭に入れておきましょう。

基本的には元気なときの赤ちゃんのうんちは、黄色や黄金色なのですが、この色というのは肝臓から出される胆汁色素であるビリルビンという成分のせいです。

それが空気などと混ざったり、少し時間がたつと酸化して緑色に変色します。

ですから、緑色のうんちも黄色のうんちの仲間であり元気なうんちの色です。病気ではありません。

例えば、おっぱいのときに赤ちゃんが空気をたくさん飲み込むと、体内に空気がたくさん入り込むかもしれませんし、うんちの回数が減ったときなどはやや腸に長くとどまっていることになりますから、そのようなときは緑色になりやすいかもしれません。

またミルク栄養の赤ちゃんは母乳栄養の場合と比較すると、うんちが緑になりやすい傾向があるようです。

いずれにしても病気ではありませんから、心配はありません。

また離乳食が進むにつれて、赤ちゃんのうんちも茶色っぽくなって、大人に近い色になります。これは腸内環境が外部から取り込む細菌類によって変化していくためです。茶色も健康なうんちの範囲です。

特に腸内細菌の構成が変化するので、

ですから、黄色・緑色・茶色のうんちは元気なときのうんちと考えてよいようです。赤ちゃんの機嫌がよくて食欲があるなら健康と思ってよいでしょう。

白色うんち

白色のうんちが出たらちょっと注意が必要です。病気が原因になっていることが多いからです。

白い便になる病気としては。白色便性下痢症というウイルスによる病気、胆道閉鎖症といって胆道が塞がってしまう病気などの可能性があります。これらは早めに病院でみてもらう必要があります。

赤色・黒色のうんち

赤色うんち、黒色うんちはいずれも出血による場合がありますから、要注意です。

しかし、食べ物の色素がそのまま出ているだけということもありますから、よく見分ける必要があります。

出血による場合は、うんちの出口に近いところから出血ほど赤い鮮血にあることが多いようです。このような場合は、肛門が切れているなどの原因が考えられます。

また赤黒い色や黒い色の便は胃腸など肛門から遠いところの出血も疑われます。

このような出血を伴う病気としては、腸重責症、細菌性大腸炎、腸粘膜下リンパ濾胞増殖症、切れ痔などが可能性として考えられます。

いずれにしても早めに病院に連れて行きましょう。その際は、うんちのついたオムツをビニール袋に入れて、医師に見てもらうようにするとよいでしょう。

これらの色は個人差があって、またこれらのどれにも当てはまらないような色になることもあるかもしれません。

いずれにしても、赤ちゃんの機嫌や食欲とあわせて総合的に健康状態を判断することが大切です。

粘りのある赤ちゃんのうんちは大丈夫?

粘りのあるうんちを赤ちゃんが出すときは、どんなところに注目したらよいのでしょうか?

うんちにネバネバしたような粘液状のものがついているのは、膿ではなくて大腸の粘液状のものがうんちについているだけで心配するようなものではないようです。
大腸には粘液がもともとあって、いわば潤滑粘りのあるうんちを赤ちゃんが出すときは、どんなところに注目したらよいのでしょうか?

うんちにネバネバしたような粘液状のものがついているのは、膿ではなくて大腸の粘液状のものがうんちについているだけで心配するようなものではないようです。
大腸には粘液がもともとあって、いわば潤滑油の役割で便がスムーズに通るようなしくみになってします。

ですから、透明な粘液状のものが付着していたとしても、それは病気の証拠ではなく心配はないのです。

一方で、注意が必要なのは、にごった白や黄褐色の粘液状のものが赤ちゃんのうんちについている場合です。

これについては膿の可能性があります。膿が出るというのは、腸内に炎症が起きたり、悪い菌が繁殖している証拠でもあります。

膿は白血球の死骸であり、侵入した病原菌に対して体が戦っていることの印なのです。

ですから、透明の粘液上のものは心配はありませんが、にごった色のものが付着している場合は用心してください。

細菌性腸炎の疑いもありますから、病院で診てもらったほうがよいでしょう。

赤ちゃんのうんちに血がついているときは?

赤ちゃんのうんちに血のようなものがついている場合ですが、これはまずは肛門付近での出血が考えられます。
特徴としては、真っ赤な鮮血がついているということです。

まず赤ちゃんの肛門付近を観察して、傷があったり、血がにじむような様子が見られたら、清潔を心がけて傷が早く治るようにしてあげましょう。排便のたびにぬるま湯でおしりを洗ってあげるのも効果的です。

このような症状は、一種の痔であり、便秘を原因として固いうんちが出るときに便が肛門を傷つけることで起きますから、便秘を解消してあげることが大切です

さらに嘔吐・発熱・腹痛の症状とあわせて血便が出るときは、細菌性大腸炎の感染が考えられます。

他には胃潰瘍や十二指腸潰瘍の可能性も考えられます。特徴としては、黒や赤黒い色の便で出口から遠い内臓からの出血が考えられます。

体の上部にある胃や十二指腸からの出血は便が出るまでの時間が長いので黒くなって出てきます。早めに病院を受診しましょう。

そして、緊急性が高いのは、イチゴジャムのような赤い粘りのある塊の混ざる便です。

これは「腸重積症」といって、腸が重なるように一方の中へ入り込んでしまう病気の可能性が考えられます。

これは便が詰まってしまって血液も通らない状態で、発見が遅れると生命にもかかわる重い病気です。血便以外の特徴としては、お腹の痛みから激しく泣き、しばらくたつとケロッと泣き止んだりすることを繰り返します。このような症状に気づいたら急いで病院にいきましょう。

その他の注意点として、血のように見えても、単に前の日に食べたものの色素が混じっているだけということもありますから、よく思い出してみることも必要です。

前の日に食べた人参やトマトの色素がうんちに出てきているだけかもしれません。消化吸収能力が十分に発達していない赤ちゃんには比較的よく見られることですから、病気を疑う前に落ち着いて思い起こしてみましょう。

赤ちゃんのうんちに白いツブツブが混じっていたら

赤ちゃんのうんちに白いツブツブが見られたり、白くはなく単に便に混じったツブツブが見つかるときがあります。

この正体は何でしょうか?

これは石鹸なのです。赤ちゃんが石鹸を食べたということではなく、体内で石鹸と同じような成分がつくられているということです。

赤ちゃんが毎日摂取している母乳や粉ミルク、また食べ物には脂肪分が含まれていますが、このような脂肪は小腸という体の器官によって分解されます。

しかし、脂肪の一部が分解されずに残ることがあり、それは小腸のアルカリと結合すると石鹸のような成分ができるのです。

実際のところ、石鹸というのは脂肪と苛性ソーダというアルカリ性の化学物質から作られていますから、それと同じようなことが赤ちゃんの体内で起きているというわけです。

ですから、うんちにツブツブが混じっていても全く心配する必要はないということです。

時々、黒いツブツブが混じることもありますが、これは離乳食などでバナナやほうれん草を食べさせたときに、その食べ物の消化しきれなかったところが混じっているだけの場合が多いようです。

赤ちゃんのコロコロうんちの注意点

赤ちゃんが小石のようなコロコロしたうんちを出すことがあります。このような時は数日かそれ以上、うんちの出ていない場合が多いようです。
うんちの出ない日が続いて、そのまま腸内にとどまった状態が続くと、段々と水分が腸の内側の壁から吸収されていって、水分がなくなっていきますから固くなってしまうのです。

また母乳よりもミルクで育つ赤ちゃんのほうがうんちが硬くなりやすいとも言われます。

2,3日に一度ぐらいの間隔で定期的に出ていれば、コロコロのうんちでもあまり心配する必要はないようですが、そのまま便秘になりやすい面もありますから、注意は払っておくべきです。
特に硬いうんちは、排便時に肛門を傷つける可能性があります。ひどくなると肛門裂肛になりますし、そこまではひどくなくても硬いうんちを出すのを赤ちゃんが痛がって、激しく泣いたり、年齢が大きくなると便意があっても排便を我慢をするようになることもあります。

さらに硬いうんちはフタの様にお尻の穴を塞いでしまうことがあります。

このような状態になると、自力ではなかなか便が出せずにグリセリン浣腸などで柔らかくしてから出さなければ出ないということがあります。

ですから、コロコロうんちはきちんと出ている限りは心配しすぎる必要はありませんが、便秘に近い状態でもありますから、もう少しやわらかいウンチになるように対策をとってあげると良いでしょう。

例えば、粉ミルクのメーカーを変えてみることで、うんちがやわらかくなったという例もありますし、離乳食でも食物繊維を多めに含む食事を増やしてみるとお通じがよくなることがあります。

さらに果物の果汁もうんちをやわらかくする作用があります。

コロコロうんちが出たら少し注意をしてみて、できるだけやわらかいウンチになるよう取り組んでみて下さい。