熱のある女の子

子どもの咳が長く続いていると、まず親として心配するのが「喘息」ではないでしょうか。

咳が長く続く病気としては、百日咳やマイコプラズマ肺炎があります。

しかし、見た目に元気そうで、熱もないのに咳がいつまでもとれないという場合があります。

このような場合は、単なる「しつこい咳」で、喉や気管支が敏感になっている場合に起きるようです。

小児喘息は発作が特徴

一方で、小児喘息は「発作が起きて呼吸困難になる病気」です。

延々と咳が続くというよりも、何かをきっかけとして呼吸困難になり、そのために激しく咳が出ます。

そのきっかけとなるのは、ハウスダストであったり、アレルゲンとなる食べ物だったり、あるいは天候や気温だったりします。

ですから、「発作的」かどうかというのは、小児喘息とただの咳とを見分けるポイントとなります。

ゼーゼーヒューヒューする

小児喘息では特有のゼーゼーヒューヒューという音がするのも、特徴です。

これは気管支が狭くなり、痰が増えるために起きます。

耳で聞き取れない場合もあり、医師が聴診器を当てたらゼーゼーヒューヒューしていたという場合もあります。

勘違いしやすいのが、赤ちゃんのゼロゼロゴロゴロという喉から鳴る音ですが、これは喘息ではなく、痰が喉に引っかかっている状態です。

赤ちゃんの機嫌が良いなら、特に心配するようなことはありません。

小児喘息による呼吸困難

呼吸困難になると、子どもは体を動かすのがつらいので大人しくなります。

動きが少なくなる代わりに、呼吸の回数が増えて、肩で息をする感じになります。

さらに重症になると、横になれずに起き上がったり、唇も紫色になったり、苦しくて動けずに口もきけない状態になります。

そのような兆候が見られたら、小児喘息を疑って病院で診察を受けましょう。

ぜんそく性気管支炎とは?

病院で小児喘息ではなく「ぜんそく性気管支炎」という診断を受けることがあります。

喘息性気管支炎は、風邪を引き金として起きます。

これは風邪をひいたときだけ喘息のような症状が出ますが、小児喘息とは区別して考えられます。

それでも、気管支喘息ではないから安心とは言えず、むしろ初期の気管支喘息ととらえる必要があります。

それは喘息性気管支炎も小児喘息も本質的には同じ原因が存在しており、それが重いか軽いかの違いだからです。

その同じ原因とは、気管支の過敏性です。

現時点では、風邪の時だけ反応するような状態でも、発作によって過敏性が強くなり、小児喘息へと進む可能性は十分にあります。

もしぜんそく性気管支炎と診断されたら、その後の経過に十分気を付けましょう。

小児喘息の子の運動はスイミングがいいというのは本当?

「水泳が喘息に良い」というのは、結構昔から言われています。

一つには、スイミングは発作が起こりにくいスポーツなので、運動として選ぶなら水泳が安心してできるという点があるようです。

なぜ発作が起こりにくいかというと、姿勢や湿度が高いことが関係しているようです。

実際に他のスポーツで発作の起きやすい子でも水泳なら大丈夫だったり、ゼーゼーしていた子が泳いでいるうちにゼーゼーが消えるということもあるようです。

また小児喘息の原因でもある呼吸機能の弱さを改善する上でも、水泳が役立つようです。小児喘息の水泳いつから始める?

一方で、気になる点もあります。

プールに使われている塩素が肺へのダメージを与えて、喘息を悪化させるという報告があります。

特に長い時間室内プールで過ごすような子では、症状が悪化する例があるようです。

ですから、行きたがらないのに無理してスイミングスクールに行かせる必要はないかもしれません。

でも、水泳が好きな子はやらせてあげたほうがいいでしょう。

その場合でも、喘息が改善しているか悪化しているか、観察していく必要がありそうです。

他の運動はどうか?

基本的にスポーツで汗を流すことは自律神経のトレーニングになります。

気管支の太さは自律神経によってコントロールされているため、自律神経を鍛えることは小児喘息の子にとってプラスに働くようです。

それでバスケやサッカー、あるいはバレエやダンスなど好きな運動をさせてあげるのが一番です。

心配なのは発作が起きることですが、予防と正しい対処をすれば問題は内容です。

確かにバスケットボールやサッカー、ジョギングなど長時間走り続けるスポーツの場合には、運動誘発喘息が起きやすいところがあります。

また学校で持久走大会が行われる場合にも、運動誘発喘息は気になるところです。

このよう運動に関しても、予防を十分に行うことで発作をかなりの程度防げるようです。

運動誘発喘息を防ぐ方法

運動誘発喘息というのは、運動により気道が狭くなることで起きます。

運動によって温度変化や気管支粘膜の乾燥、炎症反応が誘発されるために発作が起きます。

症状は運動後に始まって、5~15分後に最大になったあとは、30分程度で治まっていくというパターンが多いようです。

対処法としては、症状が現れたら休憩をとって、ひどい場合は気管支拡張薬を使います。

予防薬として抗ロイコトリエン受容的拮抗やインタノールの吸入薬を利用する方法があります。

マラソンの時などは発作が起きやすいので、あらかじめ使ってから走るとよいでしょう。

それとは別に、予防に効果があるのがウォーミングアップを十分に行うということです。

喘息は急激な変化で起きやすいので、ウォーミングアップしてから本運動に入ると、いきなり激しく動くことに比べて発作の誘発が少ないようです。

準備体操から始めて、軽い運動を長めに行うことで体をまず温めるようにしてみましょう。